Trip Note

Do the likeliest, and God will do the best.

胡麻が濃厚 卵黄が乗ってます  の文字に吊られて

by 浜の布袋 on 2016年1月8日, no comments

新年(2016)も既に一週間がすぎ、正月気分も抜けて日常生活に慣れ始めた。

さて今年最初の大船メシ。そろそろ未訪の酒ナシ店は数える程度しかなくなってきた。

どこにすっかなとBMをスクロール。

そんな中に、胡麻が濃厚 という文字の入った担々麺と
卵黄が乗ってます という文字の入ったチャーシュー丼

が目に飛び込んできた。これで今日の腹は 「こきあ」 さんに掴まれた(笑)

■ロケーション
大船駅東口・交通広場の南の端。交通広場前の信号の袂にあります。

■外観
「らーめん」と暖簾が掛かっているけどラーメン店っぽくない。看板はミント色っぽい。

■店内雰囲気など
こちらの一番の特徴「土足厳禁
店内に入ると右手の券売機を横目に見ながら
左手の下駄箱に靴を入れてShoes Offで店内に上がります。
知らないで来たら面くらっちゃいそうな作り。
それ故に外から見てカウンターというラーメン店らしさがないのですけど。
特別に疲れていなければそれも一興

店内はカウンター席のみ。先客さんなし。
厨房はマスターお一人。
壁を見ると有名所の焼酎の瓶が並ぶ。
もともとダイニングバーとして・・・だったみたいだ。

■料理
もー迷うことなく
太陽の担々麺(850円) と チャーシュー丼(400円)
オーダーを渡すと五分程度で両方同時に出てきました。カウンター越しではなくて
わざわざ厨房から出てきてサーブしてくださる。

お店の作りといい、サーブといい なかなか私的にはツボにはまったいいお店

まずは担々麺・・・
顔を近づけただけで香る胡麻の香り、白と青の刻みネギ、肉味噌、ほうれん草。
麺は細麺でこの時は若干固めという食感。
辛さはさして強くないが、食べているうちに汗が出てくる。
レンゲは普通のレンゲと穴開きレンゲの二つが出てくる。
肉味噌を食べきるには「穴あき」がないとね。
これは私としてはとっても美味しい担々麺だ。アタリ。

それに穴あきを出すあたりが、残さず肉味噌食べやがれ~という
マスターの気遣いというか自信というかを感じる。
食いきってそれが返事だって感じで食べきる。

次にチャーシュー丼。担々麺のスープを間に飲みつつ・・・
この丼の上に乗った卵黄の美しさよ
とても濃厚。スーパーの標準卵ではない。粘りの強い質のいい卵黄だ。
これを掻き割って刻みネギ、チャーシューとを混ぜてご飯を掻きこむ。
これはウマイ。笑顔が出る食感だ。

このお店の細部のこだわりが吉と出るか凶と出るかは
客側の相性次第だと思うけど、ビンゴだったら
相当居心地がいいラーメン店であることは間違いない。

PS 大船店とありますが2016.-1現在 ここしかないようです。

こきあ 大船店ラーメン / 大船駅富士見町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8