Trip Note

Do the likeliest, and God will do the best.

近江の味覚を創作料理で頂く 旅日記 VOL.009 京都鉄旅 その4

by 浜の布袋 on 2017年6月30日, no comments

京都鉄道博物館へ行った後、宿取った大津で夕食。知人との会食のためレビューメモをあまり取っていないので軽めのレビューになりますが・・・「うまい」その時期その時期の旬な食材を使い、素材の味を十分に引き出して味合わせてくれる素晴らしいお店です。故に予約必須。

■ロケーション
大津の中央大通り・・・に面さず(笑)静かな住宅地の中にあります。ランドマーク的なものはありませんので地図を見ながらのアクセス。駐車場は近隣にコインパーキングがありますが、ここは是非ともお酒も味わっていただきたいところです。

■外観
建物は町屋です。夜になると暗い中、町屋の入口に光る暖簾を照らす白熱灯の暖色がいい感じに導いてくれます。エンジ色の格子もほどよく雰囲気を醸し出します。

紺地に白文字の暖簾にはこうあります。「近江の食 近江の酒をゆったりと」

■店内雰囲気など
今回は大人数で二階に通されたため全体がどのくらいかは分かりませんでした。個室もあればお座敷もあるのでお子様連れでも問題なく利用できるかと思います。

コツみたいなものがあるとすれば、超の付く人気店ですので早めにオーダーしないと後半のオーダーは遅れ気味になります。そこんとこを念頭にオーダーペースを立てるといいかもしれません。

■料理
会食のため、メニュー詳細は失念しましたので写真のみにしますが、総じて素材の味を生かした美味です。ただ、一般的な居酒屋メニューの唐揚げとかは標準的(当然ながら美味しい範疇でね)だったかな。

お酒は・・・滋賀県は銘酒が沢山ありまして、それらのかなりの銘柄をカバーしておられます。

あゆら居酒屋 / 大津駅浜大津駅上栄町駅

夜総合点★★★★ 4.0