Trip Note

Do the likeliest, and God will do the best.

近江牛を地元価格満喫 旅日記 VOL.009 京都鉄旅 その6 (おわり)

by 浜の布袋 on 2017年7月1日, one comment

滋賀県って関東から一番近い関西で、神奈川って関西から一番近い関東で。そのためか最近の関西旅行は滋賀県で夕食食べてから帰途につくというのがパターン化してきています(笑)

で今回は以前から地元口コミでブックマークしていた「雲海」さんへ。近江八幡にはちょっと前まで「吉林」という激しく安くて激しく美味い店がって重宝していたんだけど閉店してしまって途方に暮れていたところに「雲海」さん発見。救われました。

ちなみに・・・今回私は時間が読めない行程だったため予約なしで開店時間に突っ込みました。土日は予約がダメ?(未確認)という情報もあります。週末、オープン後30分もしたら満員で行列が出来てしまう繁忙店ですので、週末などにフラっと行ってすぐに食べられるイメージではないと思います。

■ロケーション
国道1号と湖岸道路の中間に一本走る滋賀県道42号。裏道の裏道的な場所で空いている。その県道の「久保団地入口」という交差点のすぐそばにお店があります。駐車場は砂利の空き地で相当な台数が止められますので車アクセスで問題ありません。(お酒は
アウトになっちゃうけどね)

■外観
いつから営業されているのか分かりませんが建物自体は真新しい平屋建です。看板には「純近江牛」と書いてあります。ただ、先ほど書いた県道からはちょっと見にくいので、基本的には地図を見ていかれた方がいいかなと。

■店内雰囲気など
テーブル席もあれば小上がりもあります。ちょっと店内全部を見渡せる環境ではなかったので席数とかは分かりません。

フロアーサービスについては、忙しいながらもとても丁寧な印象。新人店員さんが担当になりましたが、常に先輩社員さんがフォローに入っているので特に不安・不満もなく心地よく食事をすることができました。

お客さんは基本的には家族連れが多いね。場所的に住宅地ってのもありますし。

■料理
今回は待ち合わせを兼ねたので・・・一番肝心なオーダーを最後に回したら・・・ものの見事に完売くらいました・・・チロリ~ン そのメニューは特上ハラミ(1480円+税)。とにかく皆さま開店直後にこのメニューを目的に来ているらしく、一巡目に入って、最初にオーダーしない限りは・・・まず売り切れる代物のようです。

ということで私は食べられませんでしたが、他の食べロガーさんの感想を待ちたい所です。

以下、厚切りロース(1580円)、ホルモン(480円)、焼き野菜(450円)、豚トロ(480円)とオーダーしました。

もうカルビの脂は厳しくなっている私にっては、こちらの厚切りロースは美味しい。ほどよく脂が入っていて、かつ赤身の食感も味わえる。1580円にしてはかなりいい満足感です。

あと個人的に好きなホルモン。近江牛の地元ホルモンは私には脂が厳しいことは厳しいんだけど、やっぱりやめられない。コスパだけなら、ひたすらホルモン、ひたすら白飯でもいけますわ。

あとアルコールですが、私は運転するので飲んでいませんが、生中が480です。美味しいのにお値段が全体的に安く抑えられている店が多い滋賀県民はうらやましい限り。

海雲焼肉 / 守山駅野洲駅

夜総合点★★★★ 4.0

One thought on “近江牛を地元価格満喫 旅日記 VOL.009 京都鉄旅 その6 (おわり)

  1. Pingback: Trip Note | 旅日記 vol.009 京都鉄旅 2017年5月

Comments are closed.