Trip Note

Do the likeliest, and God will do the best.

秀逸なるイリコ出汁   週末A散歩 vol.013 神保町・御茶ノ水・万世橋その1

by 浜の布袋 on 2017年7月20日, one comment

更新が久々になってしまいました。今回は東京都「うどん」カテゴリーでトップになって久しい「丸香」さんに行くために東京までやってきました。そのまま帰るんじゃもったいないので、近辺を少々散歩しましたので、その際の動画は下にリンクしておきます。

で、この丸香さん。神保町とかに勤務先があるんだったら まあ来やすいですわ。しかし、そうでもないとなると営業時間が土曜日の11:00~14:30ま3時間30分しかない訳です。(お盆・年末年始・GWも休業)でなおかつ売り切れ御免ですから、ギリギリじゃあ確実じゃない。わざわざ遠方から来て御免されたんじゃあ・・・たまったもんじゃないので、ハードルは更に上がってしまうわけです。

そんなこんなで訪問が後手後手になりましたが、今回はやっと重い腰を上げました。

関連動画
神保町・御茶ノ水・万世橋【週末A散歩 vol.013】



■ロケーション
神保町駅から程近く。靖国通りから一本入った道をお店の方に歩きます。結構飲食店の多い界隈で平日の夜にはサラリーマンで賑わいそうな感じです。ちょっと雰囲気のある中華料理屋さんもあったりして。なーんて楽し気に歩いていたらですよ。突き当りにウワーっと人だかりが見えるじゃありませんか。

分かり切っておりますが、これがお店の行列です。区立御茶ノ水小学校の角まで来ております。訪問時間は11時ちょい過ぎ。ざっと見ても100人は下りません。まあ小学校でも見ながら待つとしますか。結果的に、うどんだから回転早いだろと思いきや余裕で一時間待ちとなりました。

駐車場は一帯にパーキングメーターがあります。

■外観
6階建てビルの一階テナント。グレーな店頭に白い暖簾。そこに大きく「うどん」の文字。いたってシンプル。

■店内雰囲気など
パッと見で25席くらいでしょうか。外もシンプルなら中もシンプルであまり飾りっ気がありません。席は大テーブルに相席という、ほぼカウンター席状態になっています。厨房、フロアー共にモチベーション高めで若い方々で占められています。一時間持ちましたが、テキパキされていての結果なんで、仕方ないかなと納得できます。

■料理
こちらは香川の「山越」出身の店なので、条件反射で「釜たま」系をセレクト。
・釜たま山(480) ・釜たまカルピスバター(580) ・釜たまジロー(480) の三種類があります。
むむむ・・・なんとも口の中の味覚が故障しそうなメニューが目につきますが、これはカルピスが入っている訳ではなくて、カルピス社特選のバターを使っているということらしいです。私はそんな凝ったものはいらないので、釜たまジローをセレクト。ジローとは高知の地鶏ですね。

一方、相方は釜あげ(440)をセレクト。揚げは「かしわ天」「ちくわ天」

食感ですが、んー麺は私的にはさほど驚愕な感じはないです。ただ、ダシが秀逸。イリコと昆布で丁寧に作られたダシは透明感を伴った素材の深みがあって美味しかったです。なので、私のイチオシとしてはこのダシを使ったうどんかなと思います。

ジローさんの卵も濃厚でコクがあって美味しかったんで、満足は満足ですが、本筋の楽しみ方としては ダシ かな

うどん 丸香うどん / 神保町駅新御茶ノ水駅御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

One thought on “秀逸なるイリコ出汁   週末A散歩 vol.013 神保町・御茶ノ水・万世橋その1

  1. Pingback: Trip Note | 週末A散歩  VOL.013 神保町・御茶ノ水・万世橋

Comments are closed.